PROFILE

自分の写真
ISHIGAKI-CITY, OKINAWA, Japan
It became four Okinawa prefecture living half a century (25 years) by coming from Miyagi Prefecture. The living still gets impression from the charm of the island in this Ishigakijima though passed 15 years. 【宮城県出身で沖縄県内在住四半世紀(25年)となりました。この石垣島では在住15年が経ちましたが、まだまだ島の魅力に感動をもらっております。 現在は個人事業主となり、とっても自由奔放的環境に身をゆだねております。 石垣島の魅力をご紹介できれば幸いです。】

LABEL

Native (5) Event (4) Music (3) Food (2)

10.14.2010

Worldwide Uchinanchu Festival

記念日 - 10月14日

世界標準の日

国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議(IEC) が制定。世界標準を策定した人たちに感謝し、労をねぎらう日。

生神女庇護祭正教会

ニエレレの日({{TZA}})

タンザニアの初代大統領ジュリウス・ニエレレが1999年に亡くなった日。





世界のウチナーンチュ<Uchinanchu Festival>第五回大会まで1年となりました。


2011年に開催される第5回世界の Uchinanchu Festivalの第1回実行委員会が12日に開かれる。

あれから5年。国境を、言葉をの壁を乗り越えてウチナーンチュの血が熱く燃えた4日間ドラマが、再び沖縄に戻ってきます。






海外や県外で活躍する県系人が一堂に会する「第5回世界の Uchinanchu Festival」開催まであと1年となり、残暦盤の点灯式が13日、県庁1階県民ホールで行われた。大会に向けて県内での機運を高めるのがねらい。

点灯式で、上原良幸副知事は「海外県外で活躍する同胞を、県民挙げて歓迎したい」と述べた。

大会は2011年10月13日から16日まで那覇市の沖縄セルラースタジアム球場を主会場に、各地で多彩なイベントを行われる予定で、期間中の参加者は総勢約5000人を見込んでいる。



What is the Uchinanchu Festival?



日本有数の移民県である沖縄では、戦前戦後を通じ多くの県民が海外へ雄飛し、現在、北米南米をはじめ世界各地に36万人を超える県系人が在住しています。その「世界のUchinanchu Festival」(方言で“沖縄の人”のこと)が、5年に1度母県に集う、沖縄県ならではの感動イベントが「世界の Uchinanchu Festival」です。

Many Okinawans left their home prefecture to go overseas both before and after World War II, making Okinawa a prefecture in Japan with one of the largest emigrant populations. Today, there are more than 360,000 people of Okinawan descent in North and South America and throughout the world. These “World Uchinanchu” (Uchinanchu being the Okinawan word for Okinawan people) gather once every 5 years in their home prefecture of Okinawa at the “World Uchinanchu Festival”.









海外や県外で活躍する県系人が一堂に会する「第5回世界の Uchinanchu Festival」開催まであと1年となり、残暦盤の点灯式が13日、県庁1階県民ホールで行われた。大会に向けて県内での機運を高めるのがねらい。
点灯式で、上原良幸副知事は「海外県外で活躍する同胞を、県民挙げて歓迎したい」と述べた。
大会は2011年10月13日から16日まで那覇市の沖縄セルラースタジアム球場を主会場に、各地で多彩なイベントを行われる予定で、期間中の参加者は総勢約5000人を見込んでいる。








What is the Uchinanchu Festival?

日本有数の移民県である沖縄では、戦前戦後を通じ多くの県民が海外へ雄飛し、現在、北米・南米をはじめ世界各地に36万人を超える県系人が在住しています。その「世界のウチナーンチュ」(方言で“沖縄の人”のこと)が、5年に1度母県に集う、沖縄県ならではの感動イベントが「世界の Uchinanchu Festival」です。
Many Okinawans left their home prefecture to go overseas both before and after World War II, making Okinawa a prefecture in Japan with one of the largest emigrant populations. Today, there are more than 360,000 people of Okinawan descent in North and South America and throughout the world. These “World Uchinanchu” (Uchinanchu being the Okinawan word for Okinawan people) gather once every 5 years in their home prefecture of Okinawa at the “World Uchinanchu Festival”.



0 件のコメント:

コメントを投稿

ページ