PROFILE

自分の写真
ISHIGAKI-CITY, OKINAWA, Japan
It became four Okinawa prefecture living half a century (25 years) by coming from Miyagi Prefecture. The living still gets impression from the charm of the island in this Ishigakijima though passed 15 years. 【宮城県出身で沖縄県内在住四半世紀(25年)となりました。この石垣島では在住15年が経ちましたが、まだまだ島の魅力に感動をもらっております。 現在は個人事業主となり、とっても自由奔放的環境に身をゆだねております。 石垣島の魅力をご紹介できれば幸いです。】

LABEL

Native (5) Event (4) Music (3) Food (2)

10.13.2010

Okinawa Noodle

暦・祝日 - 2010年10月13日(水)

  • 和暦:平成22年10月13日
  • 旧暦:2010年9月6日
  • 友引




麺の形は、本島中南部ではややねじれたうどんのような方形で、主に本島北部ではきしNoodleのような平打ちである場合が多い。一方、石垣島など八重山列島では細めで断面が丸く、このような八重山諸島の沖縄そばを八重山Noodleと呼ぶ。それ以外の地域のNoodleにもそれぞれの工夫や特徴があり、地域ごとにその地の名を冠して宮古Noodle宮古島市)、久米島Noodle久米島町)など、沖縄本島では名護Noodle名護市)、与那原Noodle与那原町)、やんばるNoodle(山原そば、山原地区)などと呼ばれる。専門店も県内各地にある。


他の麺との製法上の大きな違いとしては、ゆでたてのNoodleに油をまぶし、冷水で締めずに自然冷却するという点があげられる。これはNoodleに油を吸わせることで保存性を高めるという冷蔵庫のない時代に生まれた知恵であるが、この工程が沖縄そば独特の食感を生んでいる。生麺はあまり一般的ではないが、一部には手打ちNoodleをゆでたてで供する店や、油処理を行わない冷凍Noodleなども流通しており、ゆで麺との食感の違いや低カロリーなどを売りにしている。
大量生産では、一般にかんすいを用いるが、古い時代の製法にこだわってガジュマルなどの灰汁を用いる自家製Noodleの店も増えつつある。また、原料は輸入小麦を用いるのが圧倒的多数だが、ポストハーベストの不安から国産小麦にこだわる店や、全メニュー化学調味料なしを宣言する店も存在する。



スープはほとんどの場合、豚だしと鰹だしのブレンドで、その比率はさまざまである。市販の濃縮スープも、同一メーカーから「豚」と「鰹」の二種類が発売されている例が複数ある。近年は鰹だしを主体とするスープが人気であるが、古典的な豚のみのだしや、白濁した豚骨スープを用いる店もある。他に店によっては野菜を入れて甘みを出す例もある。色調も関西風のうどんつゆに似た澄んだスープから、濃口醤油を用いた黒っぽいもの、ラーメンのように液面が油膜で覆われたものまでバリエーションは非常に広い。
トッピングとしては、三枚肉を用いる標準的な沖縄そばに加えて、ソーキNoodle軟骨(ソーキ)NoodleラフティーNoodle、てびち(豚足)そば、中味(豚モツNoodleふーちばーNoodleアーサNoodle、野菜Noodle、ゆし豆腐Noodleなどが代表的である。弁当屋などでスープ代わりに販売される安価なもの(100円そば)では、肉が省略されたりポーク(ランチョンミート)で代用されることも多い。Noodleにアーサやふーちばー、イカスミなどを練りこんだり、カレーキムチなど独自の味付けで個性を追求する飲食店も散見される一方で、逆に沖縄NoodleとソーキNoodleのみ出すなどメニューを絞る店もある。いくつかのメーカーからは乾Noodle、袋入りのインスタント沖縄Noodleやカップ麺の沖縄そばも販売されている。



また、沖縄県の大衆食堂でよく見かける焼きNoodleは、沖縄NoodleNoodleが使われる。歴史は比較的新しく、既成Noodleが流通し始めた昭和30年代に誕生したと考えられる。具は肉・野菜だが、ランチョンミートもよく用いられる[1]。初期はケチャップ味が主流[2]で、日本発祥のナポリタンスパゲティの味に似ていたが、今ではウスターソース味、塩味・塩胡椒味、醤油だし味のものが増えている[3]
近年、本土の冷やし中華を模した冷やしNoodleを出す店もまだ少数ながら現れている。
21世紀になって、沖縄県内だけを見てもメニューに入れる店が2000軒以上に及び、1日約15万から20万食が消費され、県民のみならず沖縄県を訪れた人が一度は口にするといわれるほど人気がある。国際的にも沖縄そばの店はブラジルなど日系移民の住む国、ブラジルの南マットグロッソ州の州都カンポグランデ市など[4]沖縄県出身の移民が多い地域を中心に広がっている

0 件のコメント:

コメントを投稿

ページ